都筑区のタケノコ  今年も舌鼓

14:17 0
管理物件のオーナーさんから掘りたてのタケノコを頂きました。

今年は桜も早かったですが、タケノコも早いようで今まさに旬です。

 
タケノコは天ぷら、和え物、刺身、煮物、田楽、炒め物、吸い物、蒸し物・・・・なんでも美味しい。
 
但し、湯がいたり、あく抜きをしたり、美味しく食べるには、面倒な野菜でもあります
 
こんなに調理方法がいろいろあるのも、美味しく食べる工夫があるのも、先人たちが、こよなく愛すタケノコをひたすら手をかけ美味しくいただくために歴史を重ねてきた証拠でしょう。
 




タケノコの旬は一瞬で10日位だと聞きます。

すぐ若竹に成長してしまうそうです。

竹冠に旬の字・・・まさに旬の野菜代表です。



なんといっても私は一番にご飯に炊き込みます。

春の味覚に今年も舌鼓を打ちます。




ことにこの先っぽのところの柔らかく甘い味わい!


 
お刺身も美味しい!
 
刺身といっても生ではなく茹でたタケノコを
 
スライスしてわさび醤油で。。 
 
タケノコの素の味わいが感じられます。
 
 
それからそれから、サラダにもめちゃ美味しい!

薄ーくスライスして。



 
タケノコを食べるときいつも感じること。
 
春一番、タケノコを食べると、その味わいを感じ取り、「春が来た」という感慨につながります。
 
日本人は永い歴史の中で季節に寄り添い生活を送ってきました。
 
日本人には旬を食すことで季節を感じ取る文化のようなものが培われているような気がしてなりません。
 
 




ラヴィドゥース横浜店のデリシャスなケーキたち

11:38 0
センター南とセンター北の中ほどにあるケーキ屋さん「ラ・ヴィドゥース」。

従業員さんのお部屋もよく仲介させて頂いたりしています。

大好きなケーキ屋さんです。

数々の受賞歴のあるお店で、横浜店の店長さんも、海外で腕を磨いてこられた方のようです。

新宿に本店があるそうです。

横浜店は童話の世界のなかの可愛いお家のような佇まいです。

都筑区内で一番大きなケーキ屋さん! 駐車場もたくさん完備。



一つ目のケーキのご紹介! モンブラン



ショートケーキとともにモンブランはケーキの王道ですね!

近頃のモンブランはかなり奥深くなってきました。

種類も多く、たくさんのケーキ屋さんが熾烈な戦い。

以前は、大きなマロンが上に乗ったものが定番でしたが、近ごろマロンが見えないですね?

メインのマロンを隠すなんてもったいないという考えは古い。古い。

考えるに、マロンを如何美味しく食べるかなんでしょうか?

マロンが主役ですから。。

小麦粉も卵もミルクもみんな、主役のマロンを包み込み、美味しくいただくためなのかもしれません。




モンブラン 税込518円

サクサクのメレンゲ生地に

まるまる一個栗いれたバニラクリームを絞り

自家製マロンクリームで包みました。

小麦・卵・乳使用   

-ラヴィドゥースさんのWEBより抜粋-




二つ目ご紹介はこれ!


私はこの「ガトーフレーズ」を頂きました。

一見ショートケーキ風って思いがちですが、違いました。

このケーキは非常に凝っています。

アーモンド生地がとっても風味よく味わい深いのです。

アーモンド粉で焼いた生地って本当に香ばしいんですね?

ビスタチオクリームはねっとり濃厚なのに、甘さ控えめ。

このクリームやアーモンド生地が、苺の酸味、甘みを引き立てているかのようです。

このケーキは本当に美味しい! デリシャス!



ガトーフレーズ 税込497円 
 
ピスタチオクリームと苺を、

アーモンドの生地でサンドした苺を

たくさん使用した贅沢なケーキです。

-ラヴィドゥースさんのWEBより抜粋-



三つ目は、名称不詳。季節限定かもしれません。

苺のタルトです。

食べたスタッフは何度も苺が美味しいと絶賛していましたが・・・(?)。

確かに苺好きのための、苺主役のケーキ。

苺も産地種類によって味わいも違うのでラヴィドゥースさん、苺の吟味をされているんでしょうね?

美しいフォルムですね?




徳生公園 春の気配でいっぱい!

13:24 0
徳生公園にも春が来ました。

池のほとりの大きな桜の木ももう8分咲き。


数日前に雪が降りましたが、今日は暖かく薄手のコートでOKです。


桜の花は、どうしてもこんなに日本人の心や魂に訴えかける花なんでしょう?

開花を日々待ち望み、散るのを惜しむ。

美しさとはかなさ。

世の中に絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし

中学でしょうか?高校でしょうか?

古典の授業で習った在原業平の歌は、今でも頭に浮かびます。



 


池でも心なしか鴨たちが自由にのびのびと泳いでいます。

キンクロハジロ・・・頭の後ろのちょんまげが可愛い鴨です。

このキンクロハジロは、この付近では徳生公園以外では見かけません。



この徳生公園にはよく黒い川鵜(カワウ)がいます。

後頭部の羽が立っていて、モヒカンみたいで、超かっこいいです!

嘴の根元が黄色いです。

繁殖期になると頭などの羽の色が変化するようです。

次回は、繁殖期のカワウを見てみたいです。





時折、嘴を後ろの羽の中に埋めるポーズをします。

これは暖を取っているのかな?

 
 
 
 
 
足元では、これはハクセキレイの雛でしょうか?
 
地面でぴょこぴょこ餌を探しています。
 
 

ミミズみたいなのを口にくわえています!

 
 
わぁ~!もうあちこち春の気配で一杯です!
 

都筑民家園のハナニラ・・花束NG

19:54 0
都筑民家園のお庭に咲いたハナニラです。

英名が「スプリングスターフラワー」とあるように、

お花の形が星のようで、まるで地に咲く星、地上に降った星。


でも日本名はちょっと臭そうな、「花韮(ハナニラ)」。

 



薄いブルーの花韮もありますが、この白いハナニラが好き!真っ白です!

でも摘むと臭いですよ!茎を折ったり、葉を傷つけたりすると匂います。




汚れない真っ白な小さな花ですが、残念なことに、これは花束にして贈る花ではないですね?
 
臭いですから。
 
それに花言葉が「悲しい別れ」とか「耐える愛」とか。
 
これは花束NG!
 
 
 
雄しべが飛び出さず、花の真ん中の丸い筒状の中に納まっています。

 
でも、なんて綺麗なんでしょう!


さくらんぼ公園 桜咲く!

18:36 0
都筑区牛久保東のさくらんぼ公園に桜が咲きました!

もう、さくらんぼ公園は(その名前に恥じることなく・・笑)辺りでは一番に桜が咲きます。




 「春が待ち遠しい」から「桜が待ち遠しい」のか。

「桜が待ち遠しい」から「春が待ち遠しい」のか。

日本人ですねぇ。

とにかくこの時期、桜の木を見張ってしまいます!


 春がまた来るたび ひとつ年を重ね・・・・・

・♪・・・満開の桜や 色づく山の紅葉を♬
この先いったい何度 見ることになるだろう ♬
これは竹内まりやの「人生の扉」の歌詞です。



桜の花が咲くと、こんな歌も心に浮かびます。
 
人の人生となぜか重ねて考えてしまうくらい、桜の花の命の短さに人は人生を重ねるのでしょうか?
 
入学式など人生の節目は春の桜が背景にあることも、その理由の一つかもしれません。 
 



寒緋桜もその横で咲いています。

釣鐘状にうつ向くように咲く桜です。

濃いピンク。

元石川高校華道部主催の「華DO展」開催中!

19:46 0
当店舗で本日から元石川高校華道部&OGによる「華DO展」を開催しています。

3月17日(土)~19日(月)

センター北駅徒歩2分㈱アベイル店舗内

是非お気軽にご来店ください。

 
↓  同じ花器を二つ並べて・・・ピンクのカーネーションと小手毬です。
 
これは、小手毬の柔らかな茎の形状が生きています。
 
 
 
 
黄色いキンギョソウ、赤いカーネーション、白いコデマリ、ピンクの桜 そして青い花器・・・色がとってもきれいです。 
 
もう春が一斉にやってきた感じ。
 
この季節感を楽しめるのも、生け花の醍醐味かもしれませんね?
 
ここでもコデマリの茎のびやかさが効果的ですね?

 

 
石化柳のくねくねした枝ぶり・・・絡まるような曲線にアートを感じます!
 
パキッとした強さを感じるストレチアの花。
 
凛々しい作品ですね。
 
綺麗なオレンジの花を緑の葉が引き立てます。
 
どんな方の作品かしら?
 
 
 
 


枯れ石楠花(シャクナゲ)の枝ぶりと、 青々したアオキ、優しく愛らしいスイトピー、三つのギャップがいいですね?

こんな風に存在感が無い花器もお花が引き立ちます。

 
 
虫狩(ムシカリ)・・・虫が好むからこの名前だそう。
 
百合の花、椿の葉。
 
ドーナツ型の花器といいバランスです。
 
窓際に置かれており、陽が差すと逆光になり、花弁が透け、それもまた美しく感じます。 
 
まさしく「引き算の生け花」。。シンプルで無駄がない。



二つの花器のバランスを楽しむ生け花です。

キンギョソウの色が美しい。 

壁の切り絵も生徒さんの作品です。


 
桜の花と百合の花、そしてヤツデ、
 
下のほうには金と銀の竹筒をあしらって。
 
ダイナミックな力強さを感じます。
 
花材も学校の庭のものを利用なさっているそうで、そこもこの作品の素敵なPOINTです。
 
 

 
一足早くお花見🌸



「草月流」という流派だそうですが、もちろん古典的な伝統を守りつつも、表現力が豊かで、自由なところがいいですね?

お花は、最高のインテリアだと思います。

お花は、人生においても様々なシーンを演出してくれます。

結婚式、誕生日、記念日、入学式、卒業式・・・私たちの想い出の中には、様々なお花たちが登場します。

「春のことです♪ 思い出してごらん♬ あんなこと こんなこと あったでしょう♪
ぽかぽかお庭で仲よく遊んだ♬ きれいな花も咲いていた♪」

この間、幼稚園生がこの歌をうたっていて、つられて口ずさみました。

人間の記憶の中で、花は想い出を彩ってくれます。

こんなに美しくお花を生けることができたら。。。それはとっても素敵なことですね!

茨城の熟成干し芋 ねっとりこっくり

10:28 0
賃貸物件をお預かりしているオーナー様より、珍しいお土産を頂きました。

茨城県のなめがたファーマーズヴィレッジの、熟成干し芋。

紅優甘という種類のお芋のようです。

紅がつくお芋って多いんですね。紅あずまとか紅まさり、紅さつま、紅こまち?

なめがた産のさつまいもを使用し、焼き上げてから乾燥するそうです。

焼き芋の干し芋ってことですね?


大小合わせて4枚入っています。真空パック。

日本農業賞大賞と書かれています

これって、おいかほどなんでしょう?

高級感を感じます。


早速頂いてみました。

熟成された味わいです。

柔らかくねっとりこっくり甘い。それもナチュラルな甘さです。

お芋好きにはたまらない甘さ。

お日様の力を感じます

スーパーの干し芋ももちろんおいしいですが、それとは、全く異質で、普通の干し芋の概念を覆す味です。

初めて食べる味わいでした。