メルカートきたのプチトマトのマリネ

15:12 0
メルカートきたのプチトマトが美味しくて、間食に食べています。

頬張ると口の中で弾けます!

熟しすぎていない、皮の弾ける感じがあるものが好き。笑

リピートしています!


























テレビ見ながら、一粒一粒ほうばり・・・。笑



今日は一袋100円で買えました!


トマトは、フランスでは「愛のリンゴ」と呼ばれるそうです。

イタリアでは「黄金のリンゴ」と・・・。

世界の野菜のうち、一番生産量が多いのはこのトマトだそうです。

トマトは、ケチャップやソースに、加熱料理にも使われますものね?



日は、ミニトマトをマリネにしてみました。

暑い夏には、冷たいマリネは美味しいですね?

大きなトマトの輪切りでマリネをよく作りますが、ミニトマトのマリネは可愛いです。


トマトの鮮やかな赤い色は、リコピンがいっぱいの印です。

トマトの赤は綺麗ですね?存在感あり!

料理にちょっと添えただけで、食卓が、パ~ッと明るくなりますね?
 

メルカートきたの九重栗かぼちゃ・・芋栗南京

11:22 0


井原西鶴の言葉にもあります。

「とかく女の好むもの 芝居 浄瑠璃 芋 蛸 南京」

「芋栗南京」とも言われますね?

「芝居蒟蒻芋南京」と蒟蒻がでてくるのもあります。

昭和30年代の子供(大衆)の好きなもの・・を表した言葉、「巨人大鵬卵焼き」みたいなものです。

若い人は後者も知らないでしょうね?

私は、井原西鶴の言葉にもれなく、大好きなのは、映画 芋 南瓜

 

メルカートきたでも、かぼちゃが多く出回ってきています。

 


 

かぼちゃって美味しくないもの、ハズレがたまにあります。

ハズレがなく美味しいのが、今日ご紹介の九重栗南瓜(くじゅうくりかぼちゃ)

はじめ ここのえくりかぼちゃ と思ってました。笑



何と言っても、粉を吹くようなホクホク感がたまりません。

ねっとり甘い南瓜も美味しいですが、私は南瓜の粉質感が好きなんです。
 



 
こうして蒸しただけで、味付けしなくても美味しい。


おまけに言うとこのとんがり帽子をかぶったような形状も可愛い。


身が黄色くて栗のような甘さ。


よく南瓜は包丁で切る時怪我もしそうに硬いものが多いですが、この南瓜は外皮も柔らかく切れやすいです。

とにかく南瓜好きが絶賛の美味しいかぼちゃ、九重栗かぼちゃ。

メルカートきたでGET

レーズンと和えて、少量のヨーグルト、塩コショウで、かぼちゃのサラダ・・・ヘルシーです!👇



 
 

ツバメの巣立ち

10:49 0

👇

一週間ほど前にお伝えしたツバメの雛ですが、すっかり成長し、間もなく巣立ちしようとしています。


なんともつぶらな瞳が可愛いです。

なぜか1羽だけで、他の雛はお散歩でしょうか???お散飛???笑




ツバメの雛は、孵化後20日くらいで巣立つそうです。

これから、独り立ちの練習が始まるのですね? 

飛ぶ練習、外敵から身を守る練習、餌を探す練習・・・。

ツバメは3~7個の卵を産むようですが、天敵にやられたりして、成長して秋に海を渡れるのは、13%くらいなんだそうです。

ツバメの世界の生存競争は厳しいのですね?

どうかこのツバメさんが、無事、海を渡れますように。



ツマグロヒョウモンの幼虫、自然の摂理とはすごいものだ

15:53 0
弊社の壁に何がついているのかと思ったら、蝶の幼虫。

よく見ると、すごい! このイボイボトゲトゲはなんだろう?



身を守る為のものなんだろうね? 

どこへ行くんだい?


 
鮮やかな色で目立ちます。

何の蝶になるのかしらべたら、ツマグロヒョウモンだそうです。

こんな蝶👇



蝶や蛾の生涯は本当に不思議ですね?

卵から生まれた芋虫は、やがてさなぎになる。

芋虫は自分がさなぎになることを、本能で知っているんですね?きっと。

だから、羽化に適したところを探して、さなぎになる。

さなぎの中は一旦ドロドロになると言うんだから、衝撃!

私にはもう自然界に何が起きているんだか理解できませ~ん。


やがて、さなぎからあんな綺麗な蝶になって飛び立つんですよね。

自然の摂理とは、すごいものだと感じる。

自然界の様々な生き物たちが織りなす法則のようなものに感動します。

 

瑠璃茉莉 花一輪からも涼しさを感じて

9:06 0
当社の近くの歩道に、今、瑠璃茉莉の花が咲いています。


瑠璃茉莉の名前の由来は、「瑠璃色の茉莉(ジャスミン)」から来ているようです。

瑠璃色・・・綺麗な薄紫です。

可愛い花ですが、名前も綺麗な響きです。

暑い最中に咲きますが、この花を見ると涼やかさが感じられます。





茉莉はジャスミンの花、確かに似ていますね。👇

 

いよいよ暑さも本番ですね!
 
地球温暖化により、100年に1.1度上昇しているようです。
 
でも、昔はエアコンも無く暮らしていたのですから、先人から昔の夏を乗り切る工夫や知恵を学びたいものです。
 
昔の人は花を愛で、月を愛で、四季を楽しみ、自然と共生して、自然に向かい合って生きてきたわけです。
 
「暑い暑い!」の言葉の連発は更に暑さを呼び込むことに・・・。
 
花一輪からも涼しさを感じることが出来ます。


駐車場のあざみの花 山には山の・・海には海の・・

9:42 0
管理しているマンションの駐車場の入口にアザミが生えて花を咲かせています。

お花はとっても綺麗なんですが、葉っぱも茎も痛くて触れない。

バラの花には棘があると言いますが、バラの比ではない。

抜こうとすると負傷します!


手のひら部分がゴムになっている手袋でさえも突き破って指を刺す。

でもお花は綺麗です。



古い歌にこんなのがあります。

山には山の愁い有り  海には海の悲しみや 

まして心の花園に咲きしアザミの花ならば


なんて心に響く歌詞なんでしょう。

山の高さ 海の深さ、誰もが持つ、生きる上での深い悲しみを感じ、 

日本人の郷愁をそそる歌、琴線に触れる歌。


これほどまでに痛いトゲ、自分を守る盾ですね?

「近づかないで」「触れないで」の花の主張です。


毎年恒例のお客様、ツバメの赤ちゃん!

12:34 0
当社は不動産業ですが、「フードプランナーアベイル」という老人ホームの給食業務を営む関連会社があります。

保土ヶ谷区にある特別養護老人ホーム「美立の杜」に毎年訪れるお客様??のご紹介!

駐車場に出来たツバメの巣。

今年は少し遅いような気がします。




いつもは階段の軒下なんですが今年は駐車場の天井の排水管の上です。

とても、作りにくい場所だったんではないでしょうか?

もしかして排水管の上暖かいのかな?


ツバメの赤ちゃんが駐車場で可愛い鳴き声をあげています。

見える限りでは三羽のような気がします。

良い写真を撮りたくて、頑張ったんですが難しい。


オーケーストアのラモラックマンテカでブリオッシュ食パンを焼く!

10:05 0
オーケー北山田店で見つけたバター、Lamolac Manteca(ラモラック マンテカ)
 
アルゼンチン原産のバターのようです。
 Calidad Extraって書かれていて、調べると最高品質と言うような意味。
 
発酵バターです!
 
アンデスの至宝とも書かれています。200gで400円位でした、確か・・。
 
 
 
 
 では、パンを焼いてみましょう!
 
このモンテカの美味しさを満喫するべく、バターたっぷりの食パンにしました。
 
ブリオッシュみたいな食パン。
 
バターを50gも入れて、卵も2個入れ、牛乳90CC で焼きあがりました。
 

膨らみすぎて、上がつっかえてしまいました。
 
いい香り!
 
しっとり、バターの風味が生きています。
 
何も付けずに頂けます!
 
 
 
 
 
 
 
 

野菜ロスと地産地消と曲がったきゅうり

10:03 0
朝一番で、都筑区野菜直売所「メルカートきた」へ。 

採れたて野菜が美味しすぎて♡ 野菜選びが楽しくて♡

いつも、ちょっと形が悪いきゅうりを選びます。

スーパーでは、きゅうりが3本100円位ですが、ここの形の悪いきゅうりは、6本100円位。

節約術というか、新鮮さで言えばこちらは朝採りだったりするわけですから、私の「メルカ-トきた」通いはとまりません笑

この曲がったきゅうりを見てください!



でも、みずみずしく、めちゃお美味しいですよ!

お腹すいた時、きゅうりを一本かじることがあります。

お塩をふっても、マヨネーズやお味噌をつけても、新鮮なきゅうりは、パキッと口の中で弾けます。美味しい!

きゅうりって体温調節に役立ち、利尿効果もあるから、太らないよ♡

小さい時から、きゅうりもトマトもまるかじりするのが好きでした。



形の悪い野菜が沢山廃棄されているという話はよく聞きます。

ちょっと大きさがバラバラだったり、曲がっていたり、形がいびつだったり。

自然のものですから、野菜たちの形が色々であることは当然といえば当然です。

栄養は変わりないのに・・・というか、形の悪い野菜の方がむしろ栄養が多いというデーターもあると聞きます。

形の悪い野菜たちを廃棄しないで、野菜ロスの問題を考えて行くことは素晴らしいことだと思います。



農林水産省のWEBページによると
「生鮮品小売価格の内訳をみると、集出荷経費、卸売経費、小売経費等の流通コストは、米の場合で3割、青果物(キャベツ)の場合で5割を占めている」
とあります。

流通の色々な仕組みで廃棄せざるを得ない現状があるんでしょうね?

こういった現状に、地産地消は大きく役立っている気がします。

地域で出来たものは出来る限り地域で消費!

メルカートきたさんは大きく貢献!

ケーキハウスノリコのバースデーケーキといちごの調達

9:50 0
いつもながら私事ではありますが(笑)昨日は家族の誕生日で、バースデーケーキはどこのケーキ屋さんにしようかなと思いつつ、Cake House Noriko(ノリコ)のケーキにしました。

朝、注文して夜取りに行きます。

以前、ショコララーム(チョコ生クリームのケーキ) 生クリーム(普通のショートケーキ)は購入したことがあるので、今日はスペシャルチョコレート。

サンドするフルーツやトッピングフルーツは選べますので、いちごにしました。



ココアのスポンジでチョコ生クリームをサンド。ガナッシュチョコレートでコーティングしてあります。

チョコ好きにはたまらない、オールチョコレートです!


先日、いちごを買いたくてスーパーに行ったらどこにもない。

ちょっとシーズンがすぎるといちごを入手するのって難しいですよね?

今日のケーキも、基本のケーキは他のフルーツを使ったケーキです。

プラス200円でいちごにしてもらいました。

ケーキの場合綺麗な色形でないとなりませんからいちごの調達には苦労するのでしょうね。



WEBで調べたら、基本的には、季節外れのいちごの調達は、アメリカ産のようです。

やっぱり視覚的にも、味わい的にも、いちごじゃないとね?

ことに缶詰フルーツだったりすると折角のケーキがなぜか台無しです。

旬のいちごに比べると甘さがどうかなと思いましたが、美味しいイチゴでした!☺

ヴェレーナ港北ニュータウンの人工池にカモ???

11:49 0


今日は、都筑区の東端、仲町台からの徒歩圏の分譲マンション「ヴェレーナ港北ニュータウン」で見た光景。

ヴェレーナ港北ニュータウンは、西洋の宮殿のようなコの字型の棟に囲まれた中庭が印象的です。
綺麗な(もちろん人工の)お庭はこんな感じ!↓


おやおや、鴨さんがいます。

このような人工の池にも、カモさんは飛来するのですね?

 
カモは番(つがい)で行動するのでしょうか?

このようによく二羽で睦まじく泳いでいるのを見かけます。

おしどり夫婦という言葉があるけれど、鴨夫婦も中がいいのかなぁ!

 


いつもご紹介していますが、都筑区には、沢山の公園が散在し、四季折々私たちに自然の美しさを楽しませてくれています。
池のある公園も多く、鴨などの水鳥がゆったり自然の中で泳いでいるのを見ると心が和みますね。
 


でも意外や意外、こんな風にマンションのお庭の池でカモさんを見かけるなんて。。。

茅ヶ崎公園のくちなしの花 美しく物悲しい

10:07 0
茅ヶ崎公園のプールの周りに、毎年、この時期になると、くちなしの花が咲きます。

甘い匂いがするため、虫達も集まって来ています。




白く清楚で、それでいて華やかで、濃厚な甘い香りのする花です。

ガーデニアとも呼びます。

花びらが肉厚です。造花のよう・・。

20世紀を代表するアメリカのジャズ黒人歌手「ビリー・ホリディ」をご存知でしょうか?

ビリー・ホリデイはガーデニア(クチナシの花)をいつも髪に飾り、ステージにたちました。



ダイアナ・ロスが演じた古い映画「ビリー・ホリディ物語」では、やはり白い大きなくちなしの花を髪に飾っていました。

この映画を昔リバイバル上映で見て、人種差別や売春、孤独、麻薬・・・を歌った生涯に心打たれた記憶があります。



香りがいいので、切り花にしたいところですが、花瓶にさすとすぐしおれてしまいます。

くちなしの花といえば、渡哲也の歌も思い出すのですが、

もう一つ、これも又古い映画「旅情」を思い出します。




ヴェニスを旅するアメリカ人女性とイタリア男性との悲恋。

お花屋さんで彼にクチナシの花を買ってもらうが、運河に落としてしまう。



ラストには、彼女が乗った汽車を追いかけ、彼がくちなしの花を手渡そうとするが届かず・・・。

くちなしの花が悲恋の象徴のように描かれます。


ビリー・ホリデイ、旅情、渡哲也・・・変な組み合わせですが、みんなもの悲しい雰囲気を感じます。

香りもなぜか、美しく物悲しい。

メルカートきたのとうもろこし「ゴールドラッシュ」「サニーショコラ」

17:07 0
大好きなメルカートきた、横浜農協さん主催の野菜の直売所です。



メルカートきたの素晴らしい所は、地産地消。。。朝取り野菜が並びますので、その新鮮さが魅力。

ちょっと、八百屋さんやスーパーではお目にかかれない野菜もあります。

丸くなったきゅうりなど、ちょっと形の悪いお野菜が、B品として安く売られていたりします。


この頃、メルカートきたでは、今、とうもろこしが店頭を賑わせています。

大体1本180円くらい。

今年の初物、とうもろこしを買ってみました。

とうもろこしにもいろいろな種類があります。


今日選んだのは、「ゴールドラッシュ」「サニーショコラ」

「ゴールドラッシュ」はとうもろこしの王様と呼ばれているようです。

なんだか、とうもろこしを2本買っただけでウキウキ!笑



どちらも実がぎっしり詰まって、黄金色で、つやつや。

穂先の方までしっかり実が並んでいます。

どちらも生で食べれるそうです。加熱しなくても柔らかで甘い!



茹でずにレンジでチンです。1本につき5分。

チンした後の、「ゴールドラッシュ(上)」「サニーショコラ(下)」

どちらも黄金色。



味見してみます。

ゴールドラッシュを食べてみると、驚きの甘さ、柔らかさに驚きます。

一言で言うなら「極上」であり「とうもろこし本来の味わい」を感じます!


サニーショコラ、可愛い名前!ショコラですよ?

名前どおり、まさにフルーツコーンと呼ばれるようにフルーツ並みにみずみずしく柔らかです。
 


どちらも、果皮が黄金色です。

どちらも、プチプチ食感があり、食べると口の中で弾けます。

・・・なのに、粒皮が口に残る感じは全くありません。

 
選べない美味しさ!甲乙つけがたく美味しい!


ホントはこうして頬張るのが一番の食べ方ですね?

残りは少し贅沢にグラタンに。

プチプチ食感と甘さがホワイトソースに合うんです。





メルカートきたの黄色いトマト

11:04 0
メルカートキタで黄色いトマトをみつけました。

この頃、プチトマトは、スーパーでも、赤いトマトの他に、イエロー、グリーン、黒いものなど色々見かけます。

でも、プチトマトでない、黄色い大きめトマトはあまり見かけません。

思わず購入!

まるで柿みたいでしょ。。。↓


トマトの美味しい季節です。

これから我が家の冷蔵庫には、トマトは切れることなく、あります。

夏のトマトは本当に美味しい。

何故か、冬のトマトは高いのに美味しく感じません。


ゴールドというか、とっても眩しいほど綺麗な黄色です。

品種名は書いてありませんが、横浜地元産です。

桃太郎ゴールドという品種かなぁ?

食べてみると甘く、酸味は少なく、実はしっかり歯ごたえあり、ジューシーです。

ヨーロッパでは「トマトの季節には、へたな料理はない」という諺があるそうです。

本当にどう食べても美味しいものは美味しい!



中をくり抜き、トマトカップサラダにしてみました。

角切りきゅうり、チーズ、クルトンを、中に詰めてフレンチドレッシングをかけて。

ポーラチュカ冬越し成功!

13:53 0
室内で冬越しさせた、ポーラチュカが、咲きだしました。

そう、去年、メルカートキタで買ったポーラチュカ。

お店前でお客様をお迎えしています。

まだお花は少ないですが。



冬越しできるか半信半疑でしたので、めちゃ嬉しいです。

「冬越し成功!」。。と話しかけてしまう。笑

↓これが冬の間のポーラチュカ。じっと春を待っていました。土は乾燥気味で。



育てていくうちにわかったこと・・・

ポーラチュカは寒さに弱く、

少々水やりを怠って乾燥した土でも元気、

お花は夜や、雨の日の鬱蒼とした空模様の日は閉じていて、陽射が大好き。



晴れた日にはなぜかポーラチュカがニコニコ喜んでいる気がします。



冬越しを成功させたくて、可愛がってきました。

それに答えてくれているかのように感じます。

植物には心があるのかもしれませんね。

なおざりにすると枯れてしまいます。



話しかけたり、音楽を聞かせると、成長が早まった例もあると聞きます。

耳のない植物が、水の音の方に向かって、根を伸ばしたり・・・なんて話も。

世の中には、解明されていない不思議がまだまだ眠っているね。